不如帰 徳冨蘆花の最新情報

尾崎紅葉「不言不語」 徳冨蘆花「不如帰」 田山花袋「蒲団」 島崎藤村「破戒」 夏[エンターテインメントと趣味>本、雑誌>小説]

尾崎紅葉「不言不語」 徳冨蘆花「不如帰」 田山花袋「蒲団」 島崎藤村「破戒」 夏目漱石「三四郎」 森鴎外「雁」 泉鏡花「春昼・春昼後刻」 志賀直哉「和解」 有島武郎「或る女」 佐藤 春夫「田園の憂鬱」 谷崎潤一郎「春琴抄」 太宰治「右大臣実朝」 井伏鱒二「黒い雨」 三島由紀夫「金閣寺」 川端康成「雪国」 大岡昇平「野火」 開高建「オーバ!」 安部公房「箱男」 遠藤周作「沈黙」 村上春樹「海辺のカフ

明治時代~昭和時代に流行した恋愛小説を教えて下さい。 . 明治時代の乙女達が愛読[教養と学問、サイエンス>芸術、文学、哲学>文学、古典]

明治時代~昭和時代に流行した恋愛小説を教えて下さい。 . 明治時代の乙女達が愛読した恋愛小説や恋愛小説家を教えて下さい。 大正時代の乙女達が愛読した恋愛小説や恋愛小説家を教えて下さい。 昭和元年~戦前(昭和20年)までの乙女達が愛読した恋愛小説や恋愛小説家を教えて下さい。

1900年『不如帰』を刊行した徳冨蘆花は何派の作家ですか? たとえばロマン主義とか[教養と学問、サイエンス>芸術、文学、哲学>文学、古典]

1900年『不如帰』を刊行した徳冨蘆花は何派の作家ですか? たとえばロマン主義とか自然主義とかあると思うんですが、蘆花はどれにあたるのの知りたいです。それともそんな枠の中には入らないような作家なのでしょうか?




スポンサーサイト

2017.06.20 | | コメント(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »